Dear Smile

【親子クッキング】定番は餃子作り。

time 2017/07/04

今日の夜ご飯は餃子。

家族みんなの大好物で週に一度は作るのですが、娘と一緒に作る事が一番多いのも餃子です。

捏ねる所から一緒にする日もあれば、タネは娘が幼稚園に行っている時に作ってしまって包むところだけ手伝ってもらうこともあります。

包むのは娘にとっても楽しい事のようで、喜んでお手伝いしてくれるんです。

小さいうちからお手伝いの習慣をつけて、そのまま将来も進んでお手伝いをしてくれる子に育ってくれたら嬉しいですよね。

 

さてさて、餃子の包み方。

4歳の娘には私が包んでいるようにヒラヒラを作って包むのはまだまだ難しいです。

はじめの頃は特に包み方にはこだわらず、中身が見えないようにしてね!とだけ伝えておりました。

どんなにぐちゃぐちゃになったとしても、子供は自分で包んだ物を食べたがるので子供に食べてもらえば平気(笑)

今は棒状に作ってもらってます。

  1. 皮の真ん中にタネをのせる。
  2. 皮一周に水をつけて半分にたたむ。
  3. 丸い方に水をつけてさらに半分にたたむ。
  4. 最後にすきまをとじるように形を整える。

これで成形完了です。

 

棒餃子は焼き面が大きくなるので美味しいですよ。

一度に焼ける個数が減って、焼く回数が増えるのが面倒ですが(笑)

 

今日はまさかまさかの、豚ひき肉を買ったつもりが間違えて合い挽き肉で、他の材料全部混ぜたところで

なんかおかしいぞ〜

って気がつきました。

なんで入れる段階で気がつかなかったのか。。。

合い挽き肉の餃子は初なので美味しいのかな?と焦ったんですけど、豚とは違った美味しさですがこれはこれで美味しかったです。

肉肉しい感じ(笑)

味をごまかす為にしそも沢山入れてみたのですが、それも良かったみたい♪

 

餃子は親子で作るおうちも多いのではないかと思いますが、親子クッキングにオススメですよ。

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして

リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と4歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 好きなことは、作る事と食べる事。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

sponsored link

シールたっぷりで楽しく取り組めてしまう。
娘も大好きなお気に入りの教材。
(関連記事:【月刊ポピー】こどもちゃれんじから切り替えたきっかけと半年間使ってみた感想。

↓無料のおためし見本はこちらから。

日頃頑張っているお子さんへのご褒美やサプライズに♪
(関連記事:【キャラレター】お手紙ブームの4歳児。キャラクターからのお手紙は今が一番喜ぶのかな。
大好きなキャラクターからのお手紙に娘も大喜びでした。
↓詳細はこちらから。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーのどれかを
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



アーカイブ