Dear Smile

【ハッピーセット】マクドナルドモノポリーは幼稚園児と遊ぶのに丁度良い仕様!!

time 2017/12/03

今日は朝から朝マック。

お目当はまたまたハッピーセットなのです。

 

先日お話ししたゲームのオマケ。

後半に貰えるモノポリー(MONOPOLY)が欲しくて!!

私がやってみたくて!!

貰えるうちに行っておかねば〜と、意気込んで行ってまいりました。

 

レミはマクドナルド危機一髪が欲しいっていうから

私の分もハッピーセットにして2つゲット〜♪♪

もしかしたらもう残ってないかな?っってちょっと心配していたので

まだ残ってて良かった〜〜!!

 

モノポリーは子供の頃弟と一緒に良くやったけど大好きだったんですよね。

モノポリー

弟2人が強かったのか、私凄く弱くて負けてばっかりだったけど。(笑)

レミともいずれ、やってみたいって思っていたところに今回の企画だったので嬉しくて!!

実際売っているボードゲームのモノポリーは対象年齢が8歳からなので、流石にレミには早過ぎると思っているのだけど

今回貰ったモノポリーは期待通り良い感じでした!!

これでしばらく遊んだら、通常のモノポリーも早い段階で出来るようになったりするかな〜?

子供相手にゲーム楽しむ気が満々の私。

娘が私のゲーム相手をしてくれるようになるのが楽しみ過ぎるっていうね。

 

sponsored link

マクドナルドバージョンのモノポリーをやってみた感想。

モノポリー(MONOPOLY)は世界で一番人気のあるボードゲームとのこと。

英語でMONOPOLY=独占という意味。

実際ゲームでも、同じ色の土地を全部買い占めたら支払い額が2倍になる…というルールがあるので、独占することがゲームの鍵を握ってたりするんですよね。

 

マクドナルドバージョンも基本的なルールは通常のものがベースになっているので

  1. 駒を回して出た数すすむ。
  2. 停まったマスはお金を支払って所有する。
  3. 所有したマスに他のプレイヤーが止まれば、お金を受け取る。逆に他プレイヤーのマスに止まるとお金を支払う。
  4. 所持金が0になるとゲームオーバー=他のプレイヤーの所持金を0にしてしまえば、勝利!!

 

通常のモノポリーでは土地を購入して家を建てたりするのだけど、マクドナルドバージョンではスポーツや音楽などのアクティビティを楽しむマスを所有するという内容となっています。

小さな子供にもわかりやすい仕様なのが嬉しい所です。

 

そして、通常版とのルールの大きな違いは

  • 空いてるマスに停まった時は必ずマスを所有する事になる。(通常版では所持するかしないか選択出来る。)
  • お金が無くなってもマスを売る事が出来ない。(通常版では売る事が出来る。)

の2点ですね。

小さい子を対象にしているという事もあり、とても簡単でわかりやすいルールになっているんです。

自分で考える要素が少なくなっていて、運の要素が強くなっております。

だから親子でやっても普通に娘が圧勝したりしちゃいます。

少し年齢が上のお兄ちゃんお姉ちゃんが遊ぶには物足りないのかな?と感じる部分もあるのですが、4歳の娘が遊ぶには難し過ぎず嬉しいルール設定です。

そして、物足りなく感じた頃には通常版のモノポリーを買ってみようかなって思うかも。

いや、我が家は私がやりたいので絶対買う事になる筈。(笑)

 

遊んでみて大満足だったマクドナルドモノポリーのお話でした(*´▽`*)

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして

リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と4歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 好きなことは、作る事と食べる事。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

sponsored link

シールたっぷりで楽しく取り組めてしまう。
娘も大好きなお気に入りの教材。
(関連記事:【月刊ポピー】こどもちゃれんじから切り替えたきっかけと半年間使ってみた感想。

↓無料のおためし見本はこちらから。

日頃頑張っているお子さんへのご褒美やサプライズに♪
(関連記事:【キャラレター】お手紙ブームの4歳児。キャラクターからのお手紙は今が一番喜ぶのかな。
大好きなキャラクターからのお手紙に娘も大喜びでした。
↓詳細はこちらから。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーのどれかを
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



アーカイブ