Dear Smile

【国立成育医療研究センター】視力が0.02って、どのくらい見えているの?通院とボランティアショップ。

time 2018/12/04

眼科の通院日。

9時からの予約だったので6時過ぎに家を出て車で出発〜。

いつもなら速ければ7時半くらいに到着するであろう時間だったのだけど、道がもの凄く混んでいて9時すぎに到着…。

 

待ち時間が長くなってしまったので持参したおもちゃで遊んでいたのだけど、売店でパパにおねだりしてちゃっかりコレ買って貰っていました。


HUGっと!プリキュア 5つのあそびのすごろくパズル

なんてことない普通のすごろくなんだけど、絵柄が好きなキャラクターってだけでテンション上がるみたい(*^^*)

 

sponsored link

目の様子。

視力検査の結果はどちらも矯正視力で、左1.2、右0.02。

裸眼の視力は測らないのでわかりませんが、水晶体を摘出しているので裸眼は見えなくて当たり前、矯正で視力が出ていれば問題無しという意味だと思います。

最近レミの右目が良く見えている気がしていたのだけど、視力にしてみるとやはり低く…

視力が0.02と聞いても全然ピンとこないので

「0.02だと、目安としてどの程度見えているものなのでしょうか?」

と訊ねてみたところ

“視力検査の一番大きなCの字の開いている方向が、50cm程度の距離からなら見えるくらい”

との答えが返ってきました。

なるほど〜!

それならピンときました。

多分私の裸眼の視力はその0.02があるかないかくらいだと思いますが(今まで一度も裸眼の視力を測ってもらった事が無いので解らないのです)

その目だけで生活するとしたらちょっと厳しい視力ですが、ほぼ見えていないと思っていたので私が思っていたよりは見えているんだなぁと前向きな気持ちになれました。

今後の回復は見込めないけれど(眼鏡やコンタクトレンズをしても視力が上がらない事を弱視といいますが、レミの右目は弱視です。)、わずかながらも視力のある状態を保ってもらえると良いな〜と思っております。

眼圧も両目共に正常値でしたので、また次回は3ヶ月後に病院の予約を入れました。

 

ボランティアショップの話し。

病院内にお店がいくつか入っているのですが、その中のひとつにボランティアショップというものがあります。

『タン・トン・トン』というお店です。

↓国立成育医療研究センターのHPより抜粋。
ショップ タン・トン・トンの収益はボランティア活動を通じて、お子さん達のために使われます。
手作り品は会員が心をこめて制作し、なるべく求めやすい価格でお子さんたちに喜んでもらえるよう考えています。ショップ タン・トン・トンの収益はボランティア活動を通じて、お子さん達のために使われます。
病院内ではこのショップの他にも様々なボランティア活動が行われていて、ボランティアをして下さっているスタッフの方が現在250人ほどいるそうです。
私はこのお店で売っている手作り品を見るのが大好き♪♪
今日はレミの大好きなきのこモチーフの物を発見したのでこっそり買ってプレゼント(*^^*)
キラキラなきのこの指輪。
70円でした♪♪
お値段もとても可愛らしいのです。

帰りにカフェタイム。

病院が終わったあとは近くのケーキ屋さんでティータイム。
『季の葩(トキノハ)』というお店に行きました。
お店に入ると、クリスマス用にラッピングされたお菓子が沢山並んでいて可愛かったです。
レミはケーキよりもいつもと同じようにマカロンを食べたがっていたのだけど、マカロンの単品販売は無かったのでケーキを選んでみらいました(*^^*)
レミチョイスは『フルーツロール』。
私は『フランボア』。
夫は店名と同じ名前の『季の葩』。
抹茶のカステラをサービスで付けてくれたのですが、レミが大喜びしたのは言うまでもありません。(笑)
今日は暑かったのでアイスコーヒーと一緒に(*^ー^*)

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして




リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と5歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 好きなことは、作る事と食べる事。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






アーカイブ