Dear Smile

【色鉛筆】子供の色鉛筆を12色から36色に。5歳の娘にプレゼントした三菱の色鉛筆No888番を使ってみた感想。

time 2018/12/09

こんにちは。リカです(*^^*)

缶のデザインが可愛いなぁ〜と思って惹かれていた、三菱のuniシリーズの色鉛筆。(関連記事:5歳の娘に贈りたい!!私がときめいた色鉛筆。


三菱鉛筆 色鉛筆No.888 36色セット

先週走ったマラソンの完走賞として36色の色鉛筆を5歳の娘にプレゼントしました (*^ー^*)

 

sponsored link

娘の色鉛筆を買い替え。

家には私の色鉛筆がいくつかあるのと、娘には3歳の時に買ってあげた12色の色鉛筆があります。

娘は最近は自分の色鉛筆よりも私の色鉛筆を使いたがることが多く、自分も色の多い色鉛筆が欲しいな〜とよく言っていました。

私自身は絵が得意なわけではないのですが、色が好きなのでいろんな画材を使ってお絵かきしたりコロリアージュするのが好きです。

娘にも色んな色を楽しんで欲しいという気持ちがあり、色鉛筆の色数を増やすタイミングを考えておりました。

娘が今までメインとして使っていた画材は12色の色鉛筆と12色のクーピー。

塗り絵には色鉛筆、お絵描きにはクーピーを使う事が多いです。

どちらもまだ使える状態ですが色鉛筆自体、メーカーや種類のよって色味や描き心地が違うので、そういった事を感じてもらうのも良いかな?と思っています。

 

さてさて、新しい色鉛筆を開けてみましたよ(*^ー^*)

三菱uni888番の特徴と使い心地。

No888番の特徴としては、“大人の塗り絵用”として作られたシリーズなので、植物などが塗り易いような緑系や茶色系、グラデーションが塗り易いパステル色が多く入っています。

数種類の色鉛筆をミックスして作られているので、芯の太さが物によって違うのもこの色鉛筆ならでは。

 

5歳の娘に合うな〜思った部分としては

子供は筆圧を変えて色を塗る事がまだ難しいので、薄い色と濃い色を塗り分けられるのは良いな〜と思いました。

また、パステル系の色は女の子なら好きな子も多いのでは?

我が家の娘はそういった色が好きなので、可愛い色が多くてとても喜んでいます(*^ー^*)

 

私も娘と一緒に使ってみました。

最近娘と一緒によく遊んでいるスピログラフですが(関連記事:【クルリグラフデラックス】クリスマスプレゼントにおすすめしたい!!くるくる楽しいスピログラフで親子の時間を楽しもう。

同じお花を2種類の色鉛筆を使って塗り比べてみました。

 

左はuni888番。

右は私が愛用しているステッドラーのカラトアクェレル。(関連記事:【ステッドラー】子供とぬりえを楽しむ私が好きな色鉛筆はコレ!!入学祝いにもオススメ。【カラトアクェレル】

スピログラフは『クルリグラフデラックス』という商品を使用しています。

 

ギアD5+J7(クルリグラフデラックス)

 

ギアE5+E13(クルリグラフデラックス)

 

ギアF13+H2(クルリグラフデラックス)

 

 

この色鉛筆uni888番はスピログラフとの相性もとても良いです(*^ー^*)

『大人の塗り絵用』というだけあって、お花を塗るのに向いている鉛筆だと思います。

塗りムラが出来にくくて、スルスル塗れる感じ。

塗り終わったときの仕上がりがキレイに見えます。

重ね塗りは苦手みたいで、色があまり重なりませんでした。

 

私は塗り心地はカラトの方が好きでしたが(*^人^*)

uni888は薄めの色を塗る時向きかな。

私は濃く塗るのが好きで…。(↓カラト使用)

 

レミは塗り心地がイイって言っています♪

薄い色を好んで塗っていますね(*^^*)

 

 

今回の色鉛筆の塗り心地は、芯が太いものと細いものでやや違いがあって、私の好みで言うと芯が細い方が好きな塗り心地。

太い方は正直好みの塗り心地では無いのですが、塗った後の色がとても可愛くて発色がキレイでした(*^^*)

おそらく、芯が太いほうはユニカラーで、細い方はno880かな?

 

娘が綺麗な色を感じながら沢山使ってくれると嬉しいです♪♪

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして




リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と5歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 好きなことは、作る事と食べる事。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






アーカイブ