Dear Smile

【工作】100均の材料で作る手作りマスキングテープカッターの作り方と子供の文具置き場。

time 2019/01/31

この冬は幼稚園のあとももっぱらおうち遊びな我が家。

なんとか元気に過ごせています。

 

おうち遊びに中でよく使うマスキングテープなのですが、今まで箱に適当に詰めていたので少し使いやすくしてみる事にしました(*^ー^*)

 

sponsored link

マスキングテープカッターを作ったよ。

使い終わったクッキングシートの箱のカッターと100均の材料でマスキングテープカッターを自作してみました(*^ー^*)

【材料】

  • ダイソーの調味料入れ
  • ダイソーのミニ突っ張り棒
  • 使い終わったクッキングシートの箱に付いてるカッター
  • 接着剤
  • お好みでデコレーション

カッター部分はこのような感じ。

私はクッキングペーパーについているギザギザ部分を使いましたが、ラップなどの刃でも同じように出来ます(*^^*)

刃ははさみで簡単にカットできますので、箱の長さに合わせてハサミでカットします。

 

本体となる箱はそのままで使えますが、我が家はデコレーションする事を醍醐味としているので

おなじみのアクリルガッシュでペイント。

アクリルガッシュはこちらを使用しています。(パステルカラーなど、入っていない色はいくつか単色でも購入しています。)


ターナーアクリルガッシュ12色スクールセット

塗り終わって乾いてからラメを入れる為に少しマニキュアを塗り塗り。

ペイントが終わったら、カッター部分を箱に接着。(【追記】木工用ボンドだと取れやすかったのでアロンアルファで付け直しました。)

カッターのギザギザ部分が箱から出るように接着します。

あとはお好みでデコレーション♪

今月、↓沢山入っているデコパーツを購入したので最近の工作で大活躍してます♪♪

【HA】デコパーツ福袋 まんま店長の気まぐれ福袋 100個入り

 

内側にマスキングテープを通した突っ張り棒を掛けたら完成♪♪

突っ張り棒を付ける位置は重要で、場所が悪いと使いにくいので注意。

出来るだけ奥の、出来るだけ下で、テープがキツくなりすぎない場所で固定して下さい。

ここに付けると使いやすいです。

 

レミと一緒に私も作ったので

2つ出来上がりましたよ♪(*´▽`*)

 

 

リビングの一角に文具置き場を作ったよ。

使わなくなった積み木の箱(積み木の中身は既に工作で使っちゃいました。【関連記事:)を

アクリルガッシュでペイント♪♪

ソファーの横に置いているカラーボックスの上に文具置き場を作りました。

ペン立て、鉛筆削り、はさみ、のり、ボンド、テープカッターを置きましたが、まだスペースがあるのでちょっとしたものが置けそうです♪

元々、カラーボックスはレミのお道具箱も入れていて、その中に文具を入れていたのですが、上に置いてある方が楽に使えて使う頻度が増えるかな??って(*´▽`*)

 

セロテープカッターとしても使えるよ。

マスキングテープカッターとして作ったのですが、セロテープカッターとしても使えました。

なので、一番端にセロテープも設置。

セロテープカッターは家にあるのでとくに欲しかったわけではないのですが、マスキングテープと一緒に置いてあると便利ですね。(*^^*)

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして




リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と6歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



最近の投稿




アーカイブ