Dear Smile

幼稚園を卒園しました。あっと言う間とは言えない3年間。幼稚園生活を終えて思う事。

time 2020/03/22

私が幼稚園探しを始めたのはレミが1歳の時。

 

近所にはどんな幼稚園があるんだろう??

どんな幼稚園を選んであげたら良いんだろう??

娘はどんな幼稚園生活を送る事になるんだろう??

 

色んな気持ちを膨らませながら見学に行った幼稚園の数は6ヶ所。

幼稚園にはそれぞれの良さがあったり、イマイチに思える部分があったり、園によって感じる物が全然違って、きっとレミの性格だったり育ち方が通う幼稚園によって全然違うようになるんだろうな…と当時から思っていました。

 

そんな中で私が選んでレミを通わせた幼稚園は

先生が明るく優しく接してくれて

園長先生は働き者で丁寧に接してくれて

とっても活気が溢れた幼稚園。

 

幼稚園を見学に行った際には沢山の子供達が私やレミに元気に挨拶してくれたのがとっても印象的で、“娘がこんな風に育ってくれたらいいな”と思えました。

 

プレ幼稚園へ通うと入園の優先枠が貰えるという事で、迷わず2歳からプレ幼稚園へ通う事を選択。

プレ幼稚園といえど園児と一緒にバスに乗って、夕方バスで帰ってくるという母子分離の通常保育と同じスタイルの預かりでした。なので実質レミは4年間幼稚園で過ごした事になります。

 

プレ幼稚園で通っていた時は毎日私服で登園していたので、お姉さん達が着ている制服を見ては

「おねえちゃんたちだけ可愛い服着て幼稚園行ってずるい!!レミも着たい〜!!」

と制服を着る事に憧れて過ごしていました。

 

そんな憧れだった制服を着れた年少さん。

お着替えにも園での生活にも全てがヤル気満々で、毎日元気に幼稚園へ通ってくれました。

が、夏休みに入る直前あたりからレミの様子が少しおかしくなりました。

当時の個人面談では聞きたい話しが全然聞けなくてモヤモヤが残ったまま2学期を迎えましたが、年少の後半はレミにとって辛い時期となってしまいました。

このブログを長く読んで下さっている読者さんの中には当時の記事を読んだ事がある方もいると思いますが(現在非公開にしております)

年少の頃は特に、ママ達との付き合い方に悩んだり、お友達とのトラブルに悩んだ時期があったんです。

年少の初めの頃は9人程度の大人数のママ友グループに属していて、グループの中の1人のママを嫌いになった事をきっかけに思い切ってグループラインを抜けた事もありました。

私が人間関係に上手くいっていない事へマウンティングしてくるママもいたりして…

本当に色々あり過ぎて、良い事ばかりではなかったけれど…

どんな時でもレミは前向きで、お友達の事を悪く言う事は無くて、本当は私がレミを支えてあげなければならなかったのにいつもレミに励ましてもらって、力を貰っていました。

“わたしはだいじょうぶ!!”

小さなレミがどんな気持ちで私に声を掛けてくれていたんだろう…。

それでもこんな私たち親子に大半の人達は優しくしてくれて、違う場で仲良く過ごせる人達を見つける事も出来て、素敵なお友達や尊敬出来るママ達と出会う事が出来ました。

 

 

このブログでは殆ど触れてきませんでしたが、年長の一年間は驚くくらい穏やかな一年でした。

多分園の方からクラス分けでかなり考慮して貰ったのではないかな??とクラス分けの表を貰った時点で思ったのですが(良い意味で知り合いが多いクラスだったしレミに嫌がらせをしてくる嫌なママの子とは別のクラスになりました。)

年少や年中の頃のように悲しい事を言われた事も無く、意地悪なママもおらず、いつも楽しかった話しを聞かせてくれて、安心した幼稚園生活を過ごせました。

 

こうして振り返ると“早かった〜”とも“短かった〜”とも思えないくらい長い長い幼稚園生活でしたが…

普通は“子供ってあっという間に大きくなるね〜”ってなるところなんだと思うけれど、ほんと色々あり過ぎた幼稚園生活だったよね!!と。

でもきっとこれから長く生きていく人生の中にはこれより大変な事は沢山あるだろうし、レミも大いに人間関係を学べたのでは??と思えてね…(笑)

 

卒園式の日には仲良しのお友達と笑い合って一緒に写真を撮ったり、じゃれ合いながら追いかけっこみたいに走り回ったり…

娘の笑顔を沢山見る事が出来ました(*´▽`*)

「小学生になってもよろしくね」

だったり。

「小学校が離れても遊ぼうね」

だったり。

子供同士思い思いにお話してた。

小学校が一緒の子も離れてしまう子もいるけれど、この先ずっと仲良しでいられると嬉しいね!!

 

色々あった私たち親子なので幼稚園には本当にお世話になりっぱなしでした。

レミも自分の気持ちをしっかりと先生に言えない部分があって苦労をかけた事と思うし

私も至らない部分があって心配をおかけした事と思います。

それでも…大きな行事で見せる娘の表情の良さが年々増していった事には娘の成長もあるとは思いますが、幼稚園で楽しい時間を過ごせていた事を物語っているのではないかな…と思いますね。

 

新型コロナ騒動で卒園式が出来るのか?と心配もあり、自由登園が続いた中満足な練習も出来ず、最後はなかなかクラス全員が揃う日すら無かったようなのですが、卒園式当日は全クラス欠席者が0だったそうです。

卒園式は涙無しではいられませんでしたが、それ以上に…

子供達の鳴き声や先生方の泣き顔の方が印象的で

この子達はどれだけの楽しい時間をここで過ごしてきたのだろうか??と。

幼稚園での思い出の写真や動画をみると今でも泣けてしまうけれど、春からはランドセルを背負って小学校へ通う事となります。

今まで以上に親の見えない部分が増えて、把握しにくくなってしまう日常。

不安がどうしても消えないけれど、楽しく通ってくれると良いなぁ。

 

レミ、卒園おめでとう☆

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして




リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と6歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



最近の投稿




アーカイブ