Dear Smile

【幼稚園】個人面談に行ってきた。【年中1学期】

time 2018/07/23

幼稚園で個人面談がありました。

園児は必ず連れて行かないといけない訳ではないのですが、特に預け先も無いので一緒に行っています。

本当は…子供を置いて行った方がよいのかな〜と感じる事があるのですが。

子供は親と先生が自分についてどんな事を話しているのか、聞いててわかる歳になってきています。

そんな中で「私、娘のこんなところが心配なんです…」とか…レミの前で言いにくくて。

本人が凄く気にしそうだからなぁ。

実際、「面談、緊張する!!」ってレミが不安そうにしていたのが気掛かりで。

 

sponsored link

面談での事。

今回は、コレと言って聞きたい事もなく、事前に何を聞くかあまり考えていませんでした。

先生からも気になる事があるとその都度教えて頂いていたので、改めて…というのが無かったんですよね。

 

今年の担任の先生はレミの事をよく褒めてくれる先生で

「頑張ってくれています。」という話しを沢山聞かせてくれました。

 

レミはみんなから遅れをとると不安になってしまって泣いてしまった事があるのだそうで。(6月に一度その話しを聞いた事がありました。)

これは私と一緒にいる時もそうで、思い当たる部分があるんですが

この暑〜い時でも、一緒に歩いている時は常に手を繋ぎたがるんですよ。

ちょっとでも離れると不安になってしまうみたいで。

別に置いて行こうとなんてしないんだけどね。

そういうのとちょっと似ている気がする…。

それでも、レミの人一倍不安を感じてしまうようなそんな部分も先生が理解してくれて

“レミちゃんのペースでいいんだよ!”と声を掛けてくれたりフォローしてくれるというのは本当にありがたい話し。

レミはレミでいいんだよ!!

というレミの個性をとても大切にしてくれている先生に感じています。

 

会話の中で、「創作がとても上手」「折り紙がとても上手」「メロディオンがとても上手」と先生が織り交ぜて言ってくれたので、横に座っていたレミが面談中にすっごく嬉しそうにニコニコしていたんですよ。

終わった後も

「メロディオンが上手!って言ってくれて凄く嬉しかった〜」

とか、何度も私に言ってきていたし、仕事から帰宅したパパにも自慢げに話していたくらい(笑)

 

子供と一緒に面談に行くなら良い部分を沢山話してもらった方が良いんだろうな〜と思うのが今回改めて思いました。

自己肯定感が育つ気がして(*^ー^*)

 

心配事があるなら、レミが聞いてない電話とかで聞いた方が良いと思う…。

 

面談でレミの意外な一面を知れた!とかそういうのは無かったけれど

レミはいつも幼稚園で頑張っていますよ!!と先生が言ってくれた気がして、“1学期お疲れさまでした!”という気持ちでいっぱいになりました。

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして

リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と5歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 好きなことは、作る事と食べる事。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



アーカイブ