Dear Smile

アクアビーズとアイロンビーズをどちらも使ってみた感想。使い比べてみてどっちがいいと思ったのか。

time 2017/11/10

女の子が大好きなビーズ遊び。

我が家の4歳の娘もとても大好きなビーズ遊びですが

中でもビーズを並べ固めて作るアクアビーズやアイロンビーズが子供達の間で大人気ですよね。

我が家はアクアビーズもアイロンビーズも持っているため、どちらのおもちゃも自宅でよく遊んでいます。

どちらもビーズ固めて形を作るおもちゃですので、類似品と思う方も少なくはないかと思います。

 

アクアビーズとアイロンビーズ(パーラービーズ)を使い始めた時期、実際に使い比べてみて感じたこと、比較やメリットやデメリット、違いなどのレビューをまとめておきたいと思います(*^^*)

 

まだどちらも使った事が無くてどっちを買おうか…

もしくは片方を持っているけれどどっちも買おうか…

と迷っている方の参考になればと幸いです。

 

sponsored link

アクアビーズで遊んでみて感じたこと。

アクアビーズデビュー。

元々指先を使う遊びが好きな娘でしたので、アクアビーズでは早くに遊び始めました。

はじめて遊んだのは3歳のお正月。

 

3歳7ヶ月でのアクアビーズデビューとなりました。

 

対象年齢が6歳だったので3歳の娘でも出来るものなのかと気になっていたのですが、ビーズを並べる事自体は全然問題無かったです。

ただ、並べたビーズがずれやすくて、ずれてしまった時に直す事が自分では出来ないなど、状況に応じて親の手伝いが必要でした。

そんなわけですので当時アクアビーズをするときは私が横でしっかり付き添いをしておりました。

5歳となった今では1人で作れるようになりましたけどね(*^^*)

 

アクアビーズの落とし穴。

ひたすらアクアビーズにハマった娘。

ここで問題が1つ発生。

ビーズの消費が激しい!!

手持ちのビーズが瞬く間に無くなり、追加でビーズを買う事になってしまったのです。

ただ、これだけ集中して遊んでくれるのは、手先が器用になりそうだし集中力もつきそうだし良い事づくめだな〜という気持ちもあり、追加のビーズは無くなるたびに数回買ってあげていました。

 

アイロンビーズで遊んでみて感じた事。

アイロンビーズデビュー。

そこでふと思ったのが…

もしかしてアイロンビーズの方がコスパがいいのかな?

という事。

早速アイロンビーズも購入してみることにしました。

選んだのは、カワダさんから販売されているパーラービーズという商品です。

今はパッケージが変わってしまったのですが、旧パッケージ時の↓こちらの商品を最初に購入しました。(旧パッケージの在庫処分品だった為500円ほどで購入しました。コレはコスパ良かった!!)


パーラービーズ ラブリービーズバケツセット カワダ

当時3歳9ヶ月。

こちらは対象年齢5歳からでしたが、最初から親の私がそばにいれば問題なく遊べました。

 

 

アイロンビーズはさほど大変に感じる事がなかったのですが、仕上げは必ず親がアイロンをかけてあげなければならないので、大変に思う人には大変に思うかもしれません。

ただ、娘は出来上がってすぐにアイロンして欲しい!!という事も無かったので、私のタイミングでアイロンをかけてあげれば良かったのでその点はあまり大変に感じなかったのかもしれません。

 

アクアビーズとアイロンビーズを比較。

さてさて、アクアビーズとアイロンビーズは世間的に類似商品扱いかと思うのですが、実際に両方使ってみてどうだったか、どっちが良かったかを比較したお話しをしたいと思います。

とても良く似ているように見えますが遊んでいると違いも見えてきます。

 

違うな〜と思う部分。

水を使う!とかアイロンを使う!とか、わざわざ書かなくてもわかるような違いも沢山あるのですが

 

特にビーズを並べるプレートの違いは遊んでみると全然違うな〜と感じます。

アクアビーズは透明のトレイの下に見本となるカードをはさんで、その上にビーズを並べます。

アイロンビーズは透明のトレイを見本となるカードの上に置いて、その上にビーズを並べます。

一見同じように思うかもしれないのですが、カードを挟んでいる分、アクアビーズの方がカードがずれにくく、まだ小さいうちは見本の通りに作業するならアクアビーズの方が楽です。

 

アイロンビーズもアクアビーズもハートなどの形の不透明なトレイもあるのですが、こちらを使用した場合はハートの柄を自分で考えて作るようになります。

我が家にはこの不透明のトレイはアイロンビーズのものだけあるのですが、アイロンビーズで遊ぶときは透明トレイより不透明トレイを使って柄を自分で考えて楽しんでいます。

 

アクアビーズのメリットとデメリットは?


メリット

  • 水でくっつくので簡単。
  • 出来上がりが可愛い。
  • 見本通りに作る時に透明トレイが使いやすい。
  • 作品1つあたりに使うビーズの数が比較的少なめ。

デメリット

  • 表面が特殊なコーティングのため万が一耳や鼻の中に入ってしまった時に中でくっついて大変な事になる。
  • 濡れるとベタつくのでバックなどにつけるキーホールダーにするには不向き(雨で濡れると大変)
  • 完成品が壊れやすい。
  • ビーズのコストがアイロンビーズより高い。

 

アイロンビーズ(パーラービーズ)のメリットデメリット。

メリット

  • ペグにさすのでアクアビーズよりも作っている途中で崩れにくい。
  • 一度アイロンをかけてしまえば壊れにくく実用的なアイテムを作るのに向いている。
  • 紐に通したり普通のビーズとしても使える。
  • アクアビーズよりもビーズの単価が安い。

デメリット

  • アイロンを使わなければいけないので子供だけでは作れない。
  • 親もアイロン掛けの技術が必要。(下手だとムラになったりするので)
  • 見た目はアクアビーズのほうが華やか。

あくまでも私が使ってみて思った感想なので、万人がそう思うわけではないと思います。一個人の意見として受け止めていただけたらと思います。

 

結局何が言いたいのかというと…。

結局のところ、アクアビーズにもアイロンビーズにもそれぞれの良さがあって総合的にみるとどっちの方がいいっていうのは思いませんでした。

用途によって使い分けるのが一番!!という結論に至りました。

 

対象年齢に達しているのであれば、アクアビーズは1人で作れてしまうので親は楽かもしれません。

壊れにくさや実用性はアイロンビーズの方が上ですので、親が面倒じゃなければアイロンビーズの方が幅広い用途がある気がします。

 

似ているように見えますが、おもちゃとしては“別物!!”と捕らえても良いと思います(*^^*)

 

幼稚園の鞄に作るキーホルダーや、おはじきのようなもの、小物いれなどを作って生活の中で活躍しているのはアイロンビーズの作品の方です。

でもアクアビーズで作ったプリンセスなどとても気に入っていて、ごっこ遊びなどの遊びの中で使うのはアクアビーズの作品が多いです。

完成品の見た目がアクアビーズの方が好みな様子。

アイロンビーズでもプリンセスとか作れるみたいなのですが、我が家ではまだ作った事がありません。(追記*ディズニーツムツムのアイロンビーズの本を購入しプリンセスを作るようにもなりましたが、やはりプリンセスに関してはアクアビーズの方が好みのようです。)

 

両方家にある我が家ではどちらも同じくらい遊んでおります。

どちらも遊んでみると違った楽しさがあると思いますよ。

 

 

ビーズについて色々書いています(*^^*)

sponsored link


■楽天

PVアクセスランキング にほんブログ村

down

コメントする




はじめまして




リカ

リカ

30代の主婦です。 夫と6歳の娘とのんびりな毎日を送ってます。 日々の何気ない事を記事に綴っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログはブログランキングに参加しています。

↓下のバーナーを1日1回
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



最近の投稿




アーカイブ